占いたいと思った時がタイミング?!直感を信じよう!

ピンと来たものを選んでみよう

占いを選ぶ際、色々と考えてしまうと中々決められなくなるということもありますよね。出来るだけ、当たる占いを利用したい、良い結果を耳にしたいという気持ちが強いと、決断が鈍ってしまうことも少なくありません。そういう場合には、占いを利用したいと思ったタイミングを大切にし、その時の気分で決めてしまうというのも1つの手です。占いに使うカードや手法の画像を見て何となく気になるものを選んだり、占い師の写真から話を聞いてみたいと思う占い師を選んだり、その時にピンと来たものを選ぶことは意外に悪くありません。ただし、色々と考え過ぎてしまうと、ピンと来る感覚が鈍くなってしまうので注意が必要です。出来るだけ、頭の中を真っ白にし、気になったものを選ぶことがおすすめです。

考えても分からないなら直感に頼ろう

電話占いの場合、利用時に大切なことと言えば、占い師とのやりとりです。顔が見えない状態で会話をすることになりますので、相手の意図を読み取るためには、言葉と声の調子が頼りになります。同じ言葉でも、発言者の意図が変われば意味は変わってしまいますし、聞き手の感情によっては発言者の意図とは異なって解釈されてしまうことも少なくありません。

双方間のコミュニケーションが鍵になる電話占いでは、占い師の選び方だけを気を付ければ良いのではなく、自分の状態も影響してきます。慎重に選べば、必ずしも良い占い師に当たるというわけではないですし、適当に選んだら、結果も散々になるということでもありません。占いを選べない場合は、色々と考えても答えが出ないことも多いです。けれど、占いを利用したいというタイミングは大切にしたいですよね。そんな時は、直感に頼りましょう。直感も自分の気持ちですから、案外良い結果を招いてくれますよ。